Life style

簡単に取れる資格をご紹介!!【簿記3級・FP3級・ITパスポート】

「資格を取りたいけど、簡単に取得できる資格は?」

資格取得を考えるに当たって、そのように考えたことのある人は多いのではないでしょうか。

この記事では、学習時間がわずか1日で取れる資格一覧をはじめとして、講習を受講すれば取得できる資格や、趣味の一環として簡単に取れる民間資格についても解説しています。

今回は1~2カ月ほどで簡単に取得でき、就職といった場面でも直結しやすい資格をご紹介しいたします。

簿記3級

簿記3級は、日本の簿記技能検定試験の中で、初級レベルの資格です。簿記の基本的な知識と技術があり、会計や経理の仕事に携わるための基礎を学ぶ人々を対象としています。

試験内容としては以下の通りです。

①仕訳や帳簿の基礎知識
②勘定科目の区分と帳簿の作成方法
③現金出納帳、取引先別勘定残高表などの作成方法
④決算書の基本的な理解
⑤簿記の基本的な計算や処理方法

簿記3級は、会計や経理の初心者にとって重要な基礎知識を提供し、ビジネスにおける財務管理や経営判断の基礎を身につけるのに役立ちます。この資格を取得することで、経理部門での仕事や経理業務に役立つスキルを身につけることができます。

学習期間の目安としては、1~2カ月くらいで、早い人では2週間程度で学習を終えてしまう人も存在しており、比較的短期間で取得しやすい資格と言えます。

FP3級

FP3級は、日本におけるファイナンシャルプランナー(FP)の資格の中で、初級レベルに位置する資格です。個人や家族の資産形成やライフプランニングに関する基礎的な知識を身につけることができます。

試験内容としては以下の通りです。

①金融商品の基礎知識:預金、保険、投資信託、株式などの金融商品に関する知識
②資産運用の基礎知識:リスクとリターン、資産の分散投資、投資目標等の基本的な知識
③保険の基礎知識:生命保険、医療保険、損害保険などの保険商品や仕組みに関する理解
④税金の基礎知識:所得税や贈与税などの基本的な税金の仕組みや計算方法に関する理解
⑤ライフプランニングの基礎知識:資産形成や資産運用、年金や相続等の基本的な知識

FP3級は、金融業界で働く人や、個人の資産管理に興味のある一般の方々にとって、基本的なファイナンシャルプランニングスキルを身につけるためのステップとして適しています。

ITパスポート


ITパスポートとは、情報処理技術者試験(通称:ITパスポート)のことを指します。日本国内で行われる情報技術に関する資格試験の一つであり、基本的なIT知識や技術を持つことを証明するための資格です。

試験内容としては以下の通りです。

①コンピュータの仕組み、ハードウェアやソフトウェアの構成などに関する基礎知識
②ネットワークの概念や通信プロトコル、インターネットの仕組みなどに関する基礎知識
③情報セキュリティの基本的な考え方やセキュリティ対策、脅威やリスクに関する基礎知識
④情報システムの概念や基本的な仕組み、システム開発プロセスなどに関する基礎知識

現代社会において、どの分野でも何らかのITスキルは必須項目です。合格率も比較的高く、学習期間も短時間で基礎知識が身につきますから、学生や長く専業主婦などをしてきた人にもおすすめの資格です。