Life style

【大学生必見】飲み会は大きな出費の代表格!本気で貯金したければ行くのを控えるべき!

こんにちは、sionです。

大学生のみなさん、『飲み会』は好きでしょうか?

成人になりお酒を飲む機会が増えたことで、飲み会の回数も増えた方がいるかと思います。

しかし、声を大にして言いたい…

はい、もうほんとです。バカにならない出費の代表格です。

今回は実体験も踏まえて飲み会の有用性について解説していきます。

①大学生だからこそほどほどに控えよう

大学生は飲み会に行く回数が多い人だと、月1以上という方もいるかと思います。

もちろん、飲み会に行く契機は《友人》《部活仲間》《サークル仲間》《バイト先の知り合い》と多岐に渡ります。

しかし、毎回それぞれの付き合いに参加していては出費が半端ないです。

僕個人の体験を話すと、飲み会は1回あたり3000~4500円くらいかかりました。

人によってはこれより少ない、多いあるかと思います。

しかし、大きな出費に繋がることは間違いありません

最も大切なことは、飲み会に参加することが当たり前にならないことです。

常習化してしまっては抜け出すのが難しくなります。

大学生のうちに常習化してしまうと、社会人になった時にもそれを引き継ぎます。

すると家庭を持った場合には、家族との時間も無くなりますし、将来への備えもできなくなります。

ですから、大学生のうちから飲み会を控えることを意識していきましょう。

②無理していく必要はない

これはめちゃめちゃ大切なことです。

『飲み会』というのは『強制参加』ではありません。

自分が行きたくないときには行かなくていいのです。

僕も飲み会に誘われることが多かったですが 98% 断ってました(マジで)

だって出費半端ないし、あまり満足感も無いからです。

飲み会に行くくらいなら、その浮いたお金で大好きなお寿司を一人で食べたいですね。

みなさんも誘われた際にはしっかり考えて断りたい時には断ってください。

その判断が後の生活を大きく変えることも多々あります。

③そのお金を使う道は無限にある

ここまでで飲み会の有用性について解説してきましたが、ここでは浮いたお金の使い道についてご紹介します。

飲み会1回を断れば3000~5000円近くのお金が浮きます。

では、みなさんはこのお金をどうしますか?以下はほんの一例にすぎませんが

  • 貯金
  • 好きなものを食べる
  • 欲しい物を買う

と、自分にプラスになることばかりです。

このように浮いたお金というのは本当に大きな価値に繋がります

僕は実際、飲み会を断ってその日に一人で回転ずしに行ったことがあります。

めちゃめちゃ美味しかったですし、何よりも満足感が半端なかったです。

最近は飲み会に誘われても全く行っておらず、浮いたお金は新生活のための貯金に回しています。

まとめ

さて、飲み会について考えていただける機会となりましたでしょうか。

もちろん、僕自身は『飲み会に全く行くな』というつもりは全くありません

大切な意味を含めた飲み会(友人の誕生日、歓迎会、送別会など)であれば行くべきです。

ですが日常から特に意味もなく飲み会に行くのは止めておきましょう。

たった一回だけでも生活が大きく変わることを実感できると思います。